採用

アプラス 採用〜5

 アプラスなどの企業が求める人材像と経済産業省発表の「社会人基礎力」の関係について企業が採用する際に求めるものです。「求める人材像」との社会人基礎力(3つの能力)との関係の深さと、3つの能力それぞれを構成する要素について「求める人材像」との関係があります。

 その3つとは、前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力です。主体性に、物事に進んで取り組む力がなくてはなりません。例えば、指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけ積極的に取り込むことです。それから、働きかけ力も大切です。他人に働きかけ巻き込む力です。例えば、「やろうじゃないか」と呼びかけ目的に向かって周囲の人を動かしていくことです。

 そして、アプラスが採用の時に求める人材は、以上以外に、 既存の枠に囚われず積極的に変革にチャレンジできる人 です。株式会社アプラスは、新生銀行グループのリテール中核企業になりました。ローンビジネスを強化し、決済ビジネスにも注力してます。新生銀行グループの個人向け金融サービスの中核企業として、お客さまの多様化・多角化するニーズを柔軟かつ的確に捉え、優れた金融サービスを提供する『リテールファイナンスのリーディングカンパニー』を目指しています。代表取締役社長は、クラーク グラニンジャーです。




 

採用

アプラス 採用〜4

 株式会社アプラスは、新生銀行系の大手信販・クレジットカード会社です。新生銀行はノンバンク・グループ戦略の一環としてリテール・ノンバンクビジネスをアプラスに一元化し効率化を図る為に2005年9月にクレジットカード事業を目的とした新生カードを解散し、2006年4月にはショッピングクレジット専業会社の新生セールスファイナンスをアプラスに譲渡しました。

 また、アプラスは新生銀行の子会社になったことで同行の先進的技術による業務の効率化や組織の再編(新たな部署の新設・統廃合や社員削減)、人事制度改革(新生銀行同様に総合職と一般職の垣根をなくす)など会社の大幅な改革に現在、取り組んでいます。

 アプラスが採用について求める人材像は、前に踏み出す力(アクション)を持つ人です。一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力です。実社会の仕事において、答えは一つに決まっておらず、試行錯誤しながら、失敗を恐れず、自ら、一歩前に踏み出す行動が求められます。失敗しても、他者と協力しながら、粘り強く取り組むことも求められます。

 次に、考え抜く力(シンキング)を持つ人です。疑問を持ち、考え抜く力です。物事を改善していくためには、常に問題意識を持ち課題を発見することが求められます。その上で、その課題を解決するための方法やプロセスについて十分に納得いくまで考え抜くことが必要です。

採用

アプラス 採用〜3

 アプラスは、どの金融業界の企業よりも創造的でありたいと考えています。ショッピングクレジット、カード、ファイナンス、決済など、様々な金融リソースを駆使し、解決法を導きだしています。新生銀行グループ各社が展開する金融サービスの中核企業として「信販」という枠を超えて様々な領域に挑戦しています。目指すは、日本の99%を占める中小企業を支援することで日本を元気にしていくことです。単に企業規模や売上トップではなく、収益性・商品開発力・顧客サービスの全てがトップ水準な金融サービス企業になりたい、マニュアルに頼らず枠におさまらず、自分らしく自由にやりたい、そんな仲間が集まっている企業です。

 アプラスは、総合信販業【ショッピングクレジット事業、クレジットカード事業、消費者金融事業、決済事業(集金代行)、ファイナンス事業(資金提供・リース)、保険事業】を行っています。営業、企画、管理、本部業務、支店業務等関連業務全般の採用職種があります。会社説明会にまず参加して話を聞いて、選考を希望される方は会社説明会会場にて選考日程を予約して下さい。面接、筆記試験(適性検査)、小論文にて順次選考になります。

採用の選考基準は、面接を重視しています。自己分析をしっかり行い、「自分のやりたいこと」「将来像」を明確にして自然体で臨んで下さい。アプラスとのお互いの理解を深めた上での入社が”Best”です。リラックスして、遠慮せず何でも聞いていいようです。


 

採用

アプラス 採用〜2

 株式会社アプラス(大証一部上場企業・新生銀行グループ)は、 ショッピングクレジット、クレジットカード、決済、ファイナンスや消費者金融などの事業内容です。第五次中期経営計画『APLUS Forward Plan』のもと「リテール金融サービス開発企業」への転換を進めているアプラスは、「いっさいがっさいBOX」「APLUs’eeds(アップルシーズ)」などの新規事業提案制度など、社員のアイデアを事業化していく開発型企業です。

 アプラスの事業所は、 大阪本社、東京本部、札幌、盛岡、仙台、横浜、宇都宮、千葉、柏、つくば、甲府、新潟、長野、静岡、名古屋、金沢、富山、福井、京都、和歌山、神戸、姫路、岡山、松江、広島、福岡、鹿児島、沖縄、他全国70店舗 あります。

 アプラスなどのクレジット業界での採用を目指すためには、特に必要な資格ははありませんが。社会人では経験できない、学生時代だからこそできることにチャレンジし、経験を積むことが大切です。その経験を就職活動を生かす事です。そして、業界内で必要な資格は入社してからで資格取得などのバックアッププログラムが整っています。信販会社は、様々な業界・団体から個人消費者まで幅広いターゲットを対象に事業を展開しています。その上で、新聞やニュース等で、世の中の動き、経済金融情報等をしっかり捉え、多角的視点で物事を分析する力が必要です。また現在コンプライアンスが企業経営に必要不可欠であり、各種法令に慣れておくのが大切です。

採用

アプラス 採用〜1

 株式会社アプラスの事業内容は、「ショッピングクレジット事業」「カード事業」「決済事業」「消費者金融事業」「その他事業(ファイナンス、保険等)」を柱に幅広く事業展開しています。

信販・クレジット」というのは業務内容がなかなかイメージしづらい業界かもしれませんが、アプラスのウリは仕事の面白さ・与えられる責任感に伴うやりがい・会社の雰囲気です。アプラスは、東京・大阪に採用拠点を設けています。

 アプラスは、ショッピングクレジット・カード・消費者金融・決済(集金代行)・その他(ファイナンス・保険)を柱とし、これらを複合的に組み合わせていくソリューション営業を展開しています。

また、新生銀行グループの個人向け金融サービスの中核企業として、多様化・多角化するニーズを柔軟かつ的確に捉え、優れた金融サービスを提供する『リテールファイナンスのリーディングカンパニー』を目指してます。

 会社説明会は、「パビリオン方式」をメインに開催し、「本音でトーク」など各テーマに合わせて、先輩社員と直接話しをすることができるスペースがあるそうです。アプラスの採用選考方法と重視点は、 面接に重点を置き、人物を重視するそうです。

職務内容は、営業、企画、債権管理、システム、支店業務、本部業務等関連業務全般などです。勤務地は 本社・本部・全国主要都市で、初任給は、2007年4月実績200,000円(全国型)です。




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。